本文へスキップ

安浦中学校学校図書館は学校教育活動の中軸を担う図書館です

電話でのお問い合わせはTEL.0823-84-5151

〒737-2516 広島県呉市安浦町中央4丁目2-1

安浦中学校学校図書館は, いつでも利用できる情報の泉です。

アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター

安浦中学校学校図書館では,本の貸出予約を行っています。「本の予約」をチェックしてみてください。

news新着情報

来館者数の記録
今日の来館者 昨日の来館者  今月の来館者  今年度の来館者
12月25日(金) 12月24日(木) 12月 令和2年度 
12 743 5881
安浦中学校生徒数202名

 付箋紙ツリー

令和2年12月23日(水)

終業式の後,図書委員長から今年度の貸し出しが12月14日に3000冊を超えた報告がありました。
「ご協力ありがとうございました。12月中に1人2冊以上借りようキャンペーンを今日も行っています。みなさん借りに来てください。」
先週月曜日に始めた付箋紙アートのクリスマスツリー。
「12月に2冊借りた人=付箋紙1枚」です。

はじめは「鬼滅ですか?」とか言われましたが,日々成長してきました。

今日の貸し出しは98冊で,こんなに美しくなりました。

もう一日,24日も開館しています。
1人6冊,1月7日まで借りられます。
借りに来てくださいね!

メリークリスマス そしてよいお年を!


 二十六聖人

令和2年12月22日(火)

天正15(1587)年,豊臣秀吉がバテレン追放令を出し,宣教師は追放され,キリスト教が禁止されました。慶長元年12月19日(1597年2月5日)には26人のカトリック信者が長崎市西坂の丘で磔刑にされます。

幕末になり,安政5(1858)年,日米修好通商条約により長崎は開港されます。1862年に二十六聖人がローマ教皇によって列聖され,1864年,再び訪れた宣教師たちが大浦天主堂を創建します。正式名は「日本二十六聖殉教者聖堂」。26人に捧げるため,西坂に向けて建てられています。

列聖100年を記念して,昭和37(1962)年に日本二十六聖人記念館と記念碑が建てられます。彫刻家 舟越保武の幅17メートルにも及ぶ26人の像が私達を圧倒します。

12月の新着図書 その8

吉田さらさ『長崎の教会』(JTBパブリッシング,2015年)
遠藤周作 芸術新潮編集部 編 『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」』 (新潮社,2006年)


遠藤周作の長崎切支丹三部作もおすすめします。
『沈黙』『女の一生 一部 ・キクの場合』『女の一生 二部・サチ子の場合』(新潮文庫)



 大掃除

令和2年12月18日(金)

久しぶりの大掃除です。
ワックスをかけてもらいました。ぴかぴかです。
3年2組の掃除当番さん,ありがとう!


 がん教育

令和2年12月17日(木)

呉市国民健康保険安浦診療所院長の井上林太郎先生が「がんと健康」という授業をしてくださいました。

井上先生は自らのがん経験を生かし,地域医療に貢献されています。
(「ひろしまの国保2020 5月号」より)
「生活習慣病とその予防〜がんについて考えよう」
先週が3年男子,今日は3年女子の保健体育の授業です。

生徒の感想です。
・自分には関係のないものだと思っていたが,身近な病気だと気づけた。
・がん検診について家族に話そうと思った。
・早期発見して治りやすくする。
・一日一日を大切に生きていきたい。

12月の新着図書 その7
矢方美紀 『きっと大丈夫。〜私の乳がんダイアリー〜』 双葉社,2019年

SKE48の元メンバー 矢形美紀さんの著書も,寄贈してくださいました。ありがとうございます。


 はやぶさ2

令和2年12月16日(水)

小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが,先週12月6日,無事に地球に帰還しました。昨日15日は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が,そのカプセル内に小惑星リュウグウの多量の黒い砂を確認したと発表しました。
2005年,先代のはやぶさは,トラブル続きで,小惑星イトカワから採取したサンプルは肉眼で見えない微粒子でした。詳しくは,松浦晋也 文『飛べ!「はやぶさ」:小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』(学研教育出版,2011年)を読んでください。

12月の新着図書 その6
天文学の本が2冊入りました。

マーカス・チャウン〔著〕,糸川洋〔訳〕『マーカス・チャウンの太陽系図鑑』 オライリー・ジャパン,2012年
訳した糸川洋さんは,小惑星イトカワの命名の由来になった故糸川英夫博士を伯父に持ちます。

ナショナルジオグラフィック編著,渡部潤一 日本語版監修,竹花秀春 訳『ビジュアル銀河大図鑑』日経BPマーケティング,2020年
めくるめく宇宙の旅へ!


 「鬼滅の刃」

令和2年12月15日(火)

昨日の「鬼滅の刃」コラボ給食「猪突猛進! 伊之助のぼたん汁」にちなんで,図書館入口の掲示板を一新しました。

12月4日の,こちらは朝日新聞の全面広告です。
「夜は明ける。想いは不滅。」

12月の新着図書 その5

吾峠呼世晴 原作,矢島綾 著 『鬼滅の刃 風の道しるべ』 集英社,2020年
吾峠呼世晴 原作,矢島綾 著 『劇場版鬼滅の刃 無限列車編:ノベライズ』 集英社,2020年
ついに「鬼滅の刃」が安中図書館にやってきました。


 貸し出し3000冊

令和2年12月14日(月)

今日の貸し出しが53冊,今年度の貸し出し冊数が3000冊を超えました。
昨年度の貸し出しは1年間で3022冊でした。
今年度は1・2学期で3000冊を超えようと図書委員会で取り組んできました。
生徒数は現在202名です。1人平均15冊!
おめでとう!
ありがとう!


今週は,付箋紙アートを始めました。学校図書館の大きなガラス窓に,緑色の付箋紙を貼って外から見てみました。上から1年,2年,3年,外から向かって右が1組,左が2組です。
12月の貸し出し数で,どんどん大きくなるクリスマスツリーです。
新着図書もどんどん借りられるようになっています。みんな,借りてね!


 ノーベル賞

令和2年12月11日(金)

ことしのノーベル賞の授賞式は,日本時間の10日夜から11日未明にかけて,オンラインで開催されました。

12月の新着図書 その4

日本科学未来館 朝日小学生新聞 編著 『日本のスゴイ科学者〜29人が教える発見のコツ』 朝日学生新聞社,2019年
「一流の科学者でも,最初から勉強ができる人ばかりではありませんし,実験の大半は失敗の連続です。それでも,自分の信念を曲げず,最後まであきらめない気持ちが,奇跡の大発見につながるのです。
この本では,日本科学未来館の協力のもと,スゴイ発見や発明をした29人の日本人科学者を紹介します。」(「まえがき」より)
2018年ノーベル医学生理学賞受賞 本庶佑(ほんじょたすく)先生,2015年ノーベル物理学賞受賞 梶田隆章先生たちへのインタビューもあります。



 世界人権デー

令和2年12月10日(木)

12月10日は「世界人権デー」です。

12月の新着図書 その3

大前光市 著『ぼくらしく、おどる〜義足ダンサー大前光市、夢への挑戦』学研プラス,2020年

2016年9月,リオパラリンピックの閉会式,東京パラリンピックに向けて世界が注目する舞台に,大前光市さんが立ちました。 

大前さんはプロダンサーの活動をはじめた24歳のとき,交通事故にあい,左足のひざ下を切断。それから,家族や友人にささえられながら,ふたたびダンサーになる夢に向かって,努力を続けます−。

「壁にぶつかったら,成長するチャンスだ! 大前さんの生き方が教えてくれる!」松岡修造(帯のことば)



 漱石忌

令和2年12月9日(水)

1916(大正5)年12月9日,夏目漱石は亡くなりました。49歳でした。

12月の新着図書 その2

香日ゆら 著『夏目漱石解体全書』河出書房新社,2017年
「この本を読んだあと,○○が気になるから読んでみたいな〜と思っていただける本になっていれば嬉しいです。」(「はじめに」より)

漱石コーナーをつくりました。

乙女の本棚シリーズ 夏目漱石×しきみ『夢十夜』(立東舎,2018年)は今日も貸し出し中です。


 太平洋戦争開戦

令和2年12月8日(火)

12月の新着図書 その1
日本が第二次世界大戦に突入することになったのは、1941年の12月8日です。その日,日本はアメリカ領であるハワイの真珠湾(パールハーバー)を奇襲しました。これが第二次世界大戦の一部となる、太平洋戦争のはじまりです。この戦争がはじまったことで,それまでヨーロッパ中心だった第二次世界大戦が,一気に世界にひろがりました。(越智典子 文,『完司さんの戦争』偕成社,2020年,55ページより)


 「戦争の話を聞きたかったわけではありません。それでもわたしが,なんども完司さんのお宅に足をはこび,お話を聞きつづけたのは,完司さんのお話が,未知の世界にとびこんだ少年の冒険物語のようにおもしろかったからです。」(同書,20ページより)
15歳の春,世界を見てみたいと新潟から満州にむかった完司さん。
1945年22歳の完司さんはグアムで片足になっていました。
そして,80歳を前にして,誰にも話さなかった戦争の話を語ってくれたのです。


岑龍(ツェン・ロン)作・中 由美子訳『父さんたちが生きた日々』童心社,2016年

「父さんは夕日のなかで,黄ばんだ二枚の写真を、よくながめていました。」と,このお話は始まります。
原題は  The Story about Two Old Photographs
絵も1枚1枚味わって読みました。


 クリスマスツリー

令和2年12月7日(月)

「1944(明治19)年 横浜(神奈川県)の明治屋前に,外国人船員のため,日本ではじめてのクリスマスツリーが飾られる。」(こよみ研究会編『日本と世界の365日なんでも大事典』ポプラ社)
それで,今日12月7日は「クリスマスツリーの日」です。
図書館もクリスマス関連の本と一緒にツリーを飾りました。
夏に呉市立図書館で除籍図書をいただいたので,クリスマスの絵本が増えまし
た。



 辞典

令和2年11月30日(月)

学校図書館リニューアル物語36 レイアウト25

入口を入って左の書架, 「新しい本」と「エンターテインメント総記」の下2段は「辞典」です。
このコーナーとは別に,授業用の辞書セットが書庫にあります。


新しい本

エンタメ総記
国語辞典
英和辞典・和英辞典 漢和辞典
以上をもちまして,本校図書館のレイアウトについての連載を終わります。
この配置は,昨夏,呉市立中学校教育研究会学校図書館部会の研修会として,赤木かん子先生にご指導いただいたものです。部会員の先生方にもたいへんお世話になりました。感謝申し上げます。
今回まとめるにあたって,かん子先生の次の図書も改めて読み返しました。読むことと実践することで理解が深くなることを実感しています。



スタッフ写真

LIB info.図書館情報

安浦中学校学校図書館

〒737-2516
広島県呉市安浦町
中央4丁目2-1
TEL.0823-84-5151
FAX.0823-84-5152
→アクセス