学校の歩み(沿革)

明治44年
(1911)
4月 呉市坪内尋常小学校として創立 (学級数9)
大正 4年 3月 第1回運動会が開催される
大正12年 11月 第1回学芸会 3教室打ち抜きで行う
昭和 4年
(1919)
9月 火災発生 校舎の大部分を焼失する
4年以下二部授業 藤原説教所を借用し教室に利用
昭和13年
7月 講堂完成 落成式を行う(現プールの場所)
昭和15年 6月 創立30周年記念式及び記念展覧会を開催する
昭和16年 6月 呉市立坪内国民学校と改称する
昭和20年
(1945)
4月 第1次集団疎開児童出発する(世羅郡)
7月 呉市大空襲 本校焼失する
10月 宮原国民学校の6教室を借用し授業を始める
昭和22年 2月 学校給食が始まる
4月 呉市立坪内小学校と改める
昭和23年 12月 坪内小学校PTAを結成する(会長 大下博史)
昭和25年 3月 第1回理科教育研究大会を開催
昭和28年 3月 火災発生(西校舎南端より出火 14教室全焼)
宮原小7教室を借用し授業開始
4月 坪内小学校「校歌」ができる
昭和32年 6月 PTA新聞「つぼんち」1号発刊
昭和35年 6月 講堂落成(現体育館の場所) 50周年記念祝賀会を行う
昭和38年 5月 学校行事等研究協力校に指定される
昭和46年 6月 広島県統計教育研究校に指定される
昭和52年 4月 呉市道徳教育研究指定校に指定される
10月 子ども郵便局 郵政省貯金局長賞を受賞
昭和53年 6月 プール完成 竣工式 プール開きを行う
昭和54年 2月 道徳教育研究発表会を開催する
 研究主題「主として心情を育てる道徳の時間のあり方」
昭和57年
(1982)
1月 新校舎(現校舎)落成式
「創立70周年記念・坪内小学校の沿革」を発行
昭和60年 10月 アスレチック完成
昭和61年 11月 教育研究会の開催
 研究主題「子どもが生きる授業づくり−基礎基本の充実−」
昭和62年 12月 児童会ミニバザー実施(ユニセフへ寄付)
昭和63年 6月 教育研究会の開催
 研究主題
 「子どもが生きる授業づくり−生活に生きて働く力を身につける学習をめざして−」
平成 2年
(1990)
4月 創立80周年記念式及び記念行事を行う
記念石碑を建立する
 「じょうぶな体 ゆたかな心 すすんで学ぶ」




4月 呉市教育研究指定校(道徳教育)を委嘱される
6月 ふるさとふれあいオリエンテーリングを実施する
12月 教育研究発表会の開催
 研究主題
 「豊かな心と確かな実践力を育てる道徳教育
    −ふれあい活動や家庭・地域との連携をとおして−」
            講師 広島大学 黒田 耕成教授
平成 3年 4月 広島県道徳教育推進校に指定される
平成 6年
(1994)
4月 体育館落成式
12月 教育研究会の開催
 研究主題
 「子ども一人一人が自らの課題を持ち,意欲的に追求する生活科・社会科学習
    −地域の素材の教材化と体験的な活動を生かして−」
            講師 文部省初等中等教育局小学校課 北 俊夫教科調査官
平成 7年 8月 コンピュータ(40台)設置
平成 8年 10月 国民体育大会バスケット会場開始式集団演技出場(5・6年)
平成 9年 3月 空調設備設置(校長室 職員室 保健室 コンピュータルーム)
平成10年 5月 「呉こども110番の家」地域に依頼(47軒から始まる)
8月 運動場改良工事完成
平成11年 7月 宮原地区クリーン活動始まる
平成12年
(2000)
1月 放課後児童会「坪内児童会」の開設(1階西端教室)
4月 「総合的な学習の時間」始まる
平成13年 3月 芸予地震発生 校舎、備品等に被害
平成14年 4月 学校完全週5日制が始まる
呉市教育研究推進校の委嘱を受ける
平成15年 11月 教育研究会(算数科)を行う
平成16年 4月 呉市教育研究推進校の委嘱を受ける
10月 教育研究会(算数科)を行う
平成19年 4月 小中一貫教育研究校の指定を受ける(2ヶ年間)
平成20年 11月 宮原中学校小中一貫教育研究会を行う
平成22年 4月 創立100周年記念式・記念行事を行う
平成23年 3月 創立100周年記念誌を発行する