財団法人くれ産業振興センター
財団法人くれ産業振興センター 概要・お問い合わせ 呉地域企業情報データベース

開催報告

「平成21年度第3回 大学等シーズ活用セミナー」を開催しました。


  開催日時 : 平成22年2月10日(水) 14時00分〜16時00分
  開催場所 : 
広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター 生産技術アカデミー 研修室

  テ ー マ : 

  (1)講義 「産業デザインの概要と支援内容のご紹介」
  講  師  : 製品設計研究部 
           副部長 中村 幸司 氏

  (2)講義 「デザイン工学による軽労・魅力製品の開発」
  講  師  : 製品設計研究部 
           副主任研究員 橋本 晃司 氏


  (3)講義 「使いやすさの計測と評価」
  講  師  : 製品設計研究部 
           副主任研究員 横山 詔常 


  (4)見学
    ・デザインに関する試作装置や人間工学計測装置のご紹介 
    ・実演「モーションキャプチャーによる作業改善」 
          

         

  参加人数 : 23名
  講義概要 :1.まず始めに,田尾支所長より生産技術アカデミーの沿革,組織と業務内容,主要設備
          の紹介がありました。
          2.今回のテーマである「産業デザイン」について,製品設計研究部の中村副部長よりご
          講義いただきました。
           その主旨は,今,商品に求められていることは,「機能,信頼性,価格」に第4の価値と
          して魅力ある商品,すなわち,「感性価値=人とモノの調和」を創造することでした。
          3.「デザイン工学による軽労・魅力ある商品の開発事例」として採果ハサミ,サポーター
          ベンチ,清掃ブロワ,ワケギ結束機について橋本副主任研究員より紹介いただきました。
           人に加わる圧力,筋電,衝撃力など人間工学的なアプローチ,観察工学による潜在ニ
          ーズの抽出や,快適性の提案など具体的に判りやすい内容の紹介でした。
          4.「使いやすさの計測と評価」と題し,横山副主任研究員よりモーションキャプチャー,
          体圧分布測定,筋電位等と感性・心理評価からユーザ満足,商品アピールが創造でき
          るという内容でした。
          5.最後に,本テーマに関する施設見学を行いました。

          (まとめ)
           生産技術アカデミーでは「人とモノとの調和」「人に優しい商品,製品,生産現場」につ
          いて,感性を含めて工学的,技術的評価を研究されておられます。
           企業の方々は是非ご相談ください。
   
                               報告者 (財)くれ産業振興センター
                                    コーディネーター 山崎 均
 


    



    



  























 









   



HOME